2020年11月26日

良い点も悪い点も知った上で決断しよう

自分の好きなように働けるITフリーランスは人気で、独立したいと考える人は多くいる。確かに成功すれば大きな利益を得られるが、リスクもあるのでよく考えるべきだろう。フリーランスはただ作業をするだけではなく、経営者としての能力も問われる。会社員と働き方が違うので、仕事に対する考え方を変えるべきだ。

独立した時に起こりやすいトラブルは、収入が不安定になってしまう問題だ。会社員ならば毎月安定した給料を得られるが、フリーになると毎月収入が変わる。仕事がなく収入がゼロという可能性もなくはない。そのため案件サイトなどを上手く利用することがポイントだが、案件サイトには種類や特徴があるため、それを把握した上で利用していきたいところだ。

他の問題点としてあるのは年齢で、高齢になるほど仕事を得づらくなってくる。会社ならば長く働いているほど評価されるが、フリーランスは若い人を評価する傾向がある。十分な実力があっても高齢になると、収入が減るので気をつけるべきだ。年齢の制限を受けやすいフリーランスは、将来仕事が減った時の対策もいる。もう一度会社に就職する方法もあるので、柔軟に対処すべきだろう。

会社と違い独立して働ければ、自分に合った仕事を行える。上手く行けば会社員時代に比べて大きく収入をアップさせることも可能だろう。だが収入が不安定で年齢制限を受けやすい所は、改善が難しく再就職などの対応も必要だ。フリーランスは理想的に働ける職業だが、デメリットもある。その特徴を知っておけば上手く行くだろう。